豆乳 胸 バストアップ

豆乳で胸をバストアップできる!それって嘘本当?

バストアップの方法の有名どころって実はたくさんありますよね。

 

美しいバストは男性だけはなく女性にとってもあこがれの的です。女性らしさを存分にアピールできたり、きれいな服を着こなせたりといいことずくめです。
そんな誰もが憧れるきれいなバストを手に入れる方法として有名なものはいくつか挙げることができます。

 

まず代表例がバストアップエクササイズなどのトレーニング系療法です。胸を支える筋肉を鍛えたり、無駄な脂肪を燃焼させるエクササイズはバストアップの代表的な方法といえるでしょう。

 

マッサージなども近年注目されている方法で、脂肪燃焼や肌のハリツヤの維持に効果があります。

 

こうした方法は能動的にエネルギーを消費することによって得られるメリットですが、これらには共通する重要な要素があります。それは栄養補給です。栄養補給がなければどんなにトレーニングをしたところで効果を得ることはできず、逆に燃焼しすぎたエネルギーの補てんの代償として胸が小さくなってしまう場合すらあります。適切な運動量には適切なエネルギーを補給することで初めて望んだ効果が得られます。

 

豆乳によるバストアップとは

 

バストアップに効果的な食品として豆乳は非常に有名です。豆乳 胸を大きくするんだ・・・。

 

その効果に対して懐疑的な見方をする人がいるかもしれませんが、豆乳が持っている成分には非常に有効に働く成分が多く入っていることは事実です。では効果がでなかったと感じる人がいるのはなぜでしょうか。

 

これは遺伝やその人の体質が非常に大きくかかわっています。人によって栄養の吸収度合は違います。

 

少ししか豆乳を飲まなくても効果が得られやすい人がいれば、反対にたくさん飲んでも効果が薄い人もいます。このように効果が薄いケースでは豆乳が原因ではなく、体質の差が原因の場合もある場合があります。

 

豆乳に含まれている成分

 

豆乳には大きく分けて4つの成分が多く含まれています。まずは筋肉の元となることで有名なたタンパク質。イソフラボン、レシチン、サポニンです。

 

これらの成分のほかにもオリゴ糖やビタミンB、ビタミンEやマグネシウムなど多種多様な成分を豆乳は含んでいます。

 

単一の栄養素に偏りがちな現代の食事代系においてこのように多種成分を含んだ食事をとることは重要といえます。

 

豆乳に含まれている成分の作用

 

豆乳に含まれている栄養素のなかでも比率が大きいのがタンパク質です。

 

豆乳に含まれているタンパク質は大豆たんぱく質と呼ばれるものです。タンパク質はアミノ酸の結合によって形成されていて動物性タンパク質と植物性タンパク質に分けることができます。動物性タンパク質は吸収率が高いですが、同時に脂質も多く含んでいるため、よけいな脂肪の原因となる危険性も考えられます。

 

豆乳に含まれているタンパク質は植物性のものなのでそのような心配はありません。美容に適したタンパク質成分だといえるでしょう。

 

イソフラボンはホルモンバランスのコントロールに重要な役割を果たします。

 

イソフラボンの構成は女性ホルモンであるエストロゲンと非常に近似しており、女性ホルモンが足りない場合はこのイソフラボンが利用され、逆に女性ホルモンが多すぎる場合は抑制する役割を果たします。

 

また乳がんはこのエストロゲンの過多が原因ともされていて、イソフラボンを摂取することによってエストロゲンをコントロールして乳がん予防ができるともされています。

 

自動車のハンドルのように美容のコントロール役を担う成分といえるでしょう。

 

サポニンは血中コレステロールなどの排泄すべき毒素を取り除くために重要な役割を果たします。

 

加齢による動脈硬化などに対して非常に効果があり、肌のハリやツヤを維持してくれるため、このサポニンを適切に摂取することによってバストのハリを保とうとすることは医学的に根拠のともなった行動といえます。

 

豆乳と似たような効果を得られる食品

 

豆乳と似たような食品の代表格は牛乳でしょう。

 

どちらもタンパク質を多く含んでおり、味も近いものがあります。牛乳と豆乳の違いはタンパク質の成分です。植物性のタンパク質を多く含む豆乳に対して牛乳は動物性のタンパク質です。

 

また牛乳は脂質が多いですが豆乳は植物性の成分が多いため脂質は少なめです。

 

現代の食事だと脂質が非常に多くなってしまうのでうまく調整しながら使い分けるとよいでしょう。

 

豆乳の効率的な摂取方法

 

豆乳は実は1日の摂取量がほとんど決まっています。

 

これはイソフラボンや植物性タンパク質の一日の摂取量が限定されていることが大きな要因の一つです。

 

したがって一気にたくさんとるのではなく、毎日すこしづつ、適切な量を飲んでいくことが非常に効果的な飲み方といえるでしょう。

 

ホルモンバランスをコントロールしたりコレステロール排泄に効果を発揮する豆乳は現代食生活において素晴らしい働きをしてくれるでしょう。

 

豆乳で育ててナイトブラで保護しましょう

 

せっかく豆乳でいい栄養を胸に吸収しても、夜ノーブラで寝ていたのでは意味がありません。

 

絶対にナイトブラをして寝るべきです。

 

ナイトブラは豆乳によって育てられた胸を、寝ている間しっかりとホールドする役目を果たしてくれます。

 

 

寝ている時にちゃんと胸を形作ることで、寄せて上げられた胸へと変わっていきます。

 

ノーブラだと、それこそ右や左へと行き放題ですよ?

 

こちらでもいいものを紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

 

ナイトブラの比較はこちらから