睡眠 ゴールデンタイム

睡眠のゴールデンタイムとは

よく言われる『睡眠 ゴールデンタイム』っていうのはどんな時間の事を言うのでしょうか?

 

これは実は夜の10時から2時までを指す場合が多いんですね。この4時間が肝になるわけです。

 

眠りが深くなる時に分泌されるホルモンが成長にたいして非常に深く作用しますが、これが分泌されるのが睡眠導入から3時間程度、眠りのつくのに1時間かかると推定すると約4時間となるわけです。

 

この時間帯にしっかりと睡眠を深く摂る事が重要なんですね。

 

 

また睡眠の質によっても分泌されるホルモンの量は大きく変わってきます。

 

質の良い睡眠をとっていると成長ホルモンは大量に分泌されていきますが、あまり質のよくない睡眠だと成長ホルモンは分泌されずらくなります。

 

つまり成長ホルモンが大量にでる質のよい眠りを獲得するために必要なことは、ぐっすり眠ることができやすいタイミングで寝ることだといえるでしょう。

 

 

現代の社会生活においてそうした時間の代表例が夜10時ごろからということになります。

 

また深夜4時以降になると睡眠に必要なホルモンであるメラトニンという物質が生成されずらくなります。

 

メラトニンがない状態で睡眠を行ってもあまり深くは眠ることができないので、こうした時間に深い眠りを期待することはナンセンスといえます。

 

 

ゴールデンタイムの睡眠とバストの関係

 

深い眠りについたときに分泌される成長ホルモンはバストの大きさにも関わり合いがあります。

 

特に思春期など成長が著しい時期などには成長ホルモンの分泌がバストも成長させるため、できるだけ十分な睡眠をとれる体制を作っていくことをお勧めします。

 

また思春期を過ぎても十分成長にかかわるホルモンは分泌されるため、深い眠りにつける時間帯に睡眠をとることが美容の維持につながります。

 

ゴールデンタイムの睡眠の導入方法

 

十分な成長ホルモンの分泌が期待できる睡眠は寝る前の準備に左右される場合があります。

 

たとえば現代だと夜型の生活習慣になりやすい傾向があります。

 

オンラインゲームやドラマ、夜遅くまで続いてしまった仕事などが主な原因としてあげられますが、こうした脳が興奮しやすい状態で就寝を迎えても、成長ホルモンは期待できません。むしろ脳が興奮することで覚醒時と同じような状態になっていることもしばしばです。

 

つまり成長ホルモンの分泌を期待するためには脳が就寝しやすい状態になっていることが前提となります。

 

 

脳が就寝しやすい状態をつくるための代表例として挙げられるのがアロマなどのリラックスグッズです。

 

アロマなどの香りは人体の緊張をほぐす効果があり、心身ともに落ち着くことができます。

 

また明るい部屋だと脳が覚醒しやすいので、部屋の明かりは小さくしておくことでより効果が期待できます。

 

ほかにも温かい飲み物を飲んでみたりストレッチをしてから寝るなどもよいでしょう。できるだけ体と心がリラックスした状態で就寝に向かうことが大切です。

 

ゴールデンタイム睡眠の効果的な活用法

 

成長ホルモンが大量に分泌される睡眠直後から三時間の間をうまく活用することが美容の効果に大きな影響を与えます。

 

実は成長ホルモンが分泌されるだけでは体の機能は向上していかないのです。

 

というのも美容効果のある体の作用はそれぞれのタイミングがあり、成長ホルモン分泌の時間とは違うタイミングになる場合もあるからなのです。

 

たとえば肌が再生する時間は周期的なものですが、その肌の再生するタイミングと成長ホルモンの分泌される時間帯が合えばより効果が高くなりますが、逆に肌の再生するタイミングと成長ホルモンの分泌される時間が合わなければあまり美容の効果は高くでない傾向があるのです。

 

肌の再生時間のタイミングは体内時計で管理されており、おおむね就寝から3時間前後ですが、睡眠の時間はバラバラの状態だと、体内時計では就寝の時間でも脳は寝ていない状態になるためタイミングが合わなくなってしまうのです。

 

こうしたトラブルを防ぐためには就寝時間を一定に保ち、できるだけ体内時計のタイミングが一定になるように気を付けることです。

 

ゴールデンタイムに睡眠ができないとどうなるのか

 

ゴールデンタイムと呼ばれる午後10時から深夜2時にかけて睡眠ができない状態だと、成長ホルモンが分泌されても体内でのサイクルとはタイミングが合わなくなったり、深い眠りができずらい状態に陥って成長ホルモン自体が少なくなってしまうといったトラブルが発生しやすくなります。

 

成長ホルモン自体は睡眠後三時間で生成されますがほかとのバランスがわるくなるため、結局肌荒れや成長が少ないなどの影響がでます。

 

バストサイズも睡眠とは深い関係があるため、あまり胸が大きくならずに思春期が終わってしまうなどの弊害も考えられます。

 

もしある程度大きなバストサイズがほしいなどの希望がある場合は、睡眠の深さだけでなくタイミングなどの時間も気にするようにしましょう。

 

ゴールデンタイム睡眠ができない人の対処法

 

とはいえ現代の生活だと睡眠不足になりがちです。

 

たくさんの勉強が必要とされる受験生や社会人、ゲームやドラマに熱中してしまうプライベートなど、脳が興奮状態に陥ってしまう要素はたくさんあります。
そうしたゴールデンタイム睡眠ができない人はどうすればよいのでしょうか。

 

 

成長ホルモンは睡眠後3時間程度まで分泌されるので、万が一ゴールデンタイムに睡眠が取れないとしても諦める必要は無いですよ。

 

それよりも注意すべきは眠りの深さになるため、睡眠前に脳が覚醒するような刺激の強い行動は控えるようにしましょう。

 

また体内時計とのタイミングですが、体内時計も生活習慣のリズムに合わせて変化するため、時間的な大きな変化がない限りは一定のリズムで周期がまわっていきます。

 

もちろんゴールデンタイムでの睡眠が取れることが一番の理想ですが・・・。

 

もしできなくても、一定の時間で生活する習慣を崩さなければ十分にメリットを得られるということになります。

 

胸を大きくしたいとおもって栄養補給や運動をしても睡眠が十分でなければ効果を得ることはできません。

 

生活リズムを一定に保ち成長ホルモンや美容のバランスなどが十分にメンテナンスできる睡眠を獲得することが目的を達成するための第一歩となるのではないでしょうか。

 

ゴールデンタイムの睡眠にナイトブラを組み合わせて

 

ゴールデンタイムにしっかりと睡眠することで、ホルモンは分泌されます。

 

それによって、当然ですが、バストにもいい影響が与えられますし、サイズアップにも貢献してくれます。

 

胸を大きく=女性ホルモンをたっぷりですから。

 

でもそれだけで放っておいては、胸はしっかりと大きくなりません。

 

 

ナイトブラをまずは寝る時に試してみてください。

 

ナイトブラは夜寝ている時の胸を保護し、しっかりとホールドして胸の形やサイズアップをしてくれます。

 

これをゴールデンタイムの睡眠と組み合わせることが、一番バストアップへの近道なんです。

 

こちらでも効果の出るナイトブラを紹介していますので、ぜひチェックしておいてください。