胸 離れてる

胸が離れてるのが辛い!少しでも改善する方法とは?

胸の理想のサイズとは?

 

バストサイズは容姿を気にする女性なら誰でも一度は悩む要素の一つかもしれません。服選びやコーディネートの際も身長やスタイルの見栄えと同じくらい考えなければならないため、外見をきにする人はいったいどのくらいのバストが理想なのかと悩んだことでしょう。

 

理想のバストサイズには男性と女性で考え方に大きな違いがみられます。男性の場合重視するのは大きさを見る場合が多いようです。とくにカップ数というわかりやすい指標があるので、自分の彼女は何カップなど大きさを指標として使う場合が多いです。

 

女性の場合は男性とは少し違っていて、大きさも重視しますが、それ以上に形を重要と考える人が多い傾向にあります。形がきれいに見えるのは何カップ?といった具合に、とにかく見た目を重視します。

 

理想のサイズもこうした考え方からの違いが表れていて、男性の場合はCからDカップ程度が理想のバストサイズとして上がることが多いです。それに比べて女性の場合はBカップからCカップとワンランク低めの数字が出ています。これは服のコーディネートの際にあまり胸が大きすぎると服との間に隙間ができやすいため、太って見えたり、体のラインがちゃんとでないことが理由としてあげられるのではないでしょうか。

 

こうしたことが理想のサイズには男女で差があるようです。

 

胸が離れてる症状

 

このように女性の場合はバストに対して見た目という要素を非常に重視する傾向があります。たとえば男性ならあまり気にしないかもしれない胸の離れ具合も、女性からしたら大きな問題なのです。すこしだけ離れてる程度ならまだ我慢ができるかもしれませんが、離れすぎているとどうにかしたいと悩みの種になります。

 

胸 離れてる原因は遺伝的な先天性要因と生活環境などによる後天的な要因があげられます。

 

先天的な要因の場合、遺伝がほとんどの原因となります。両親などと比較してみて自分だけそのような症状が表れている場合は後天的な要因を疑ったがよいでしょう。

 

後天的な胸がはなれる症状の原因にはいくつかのパターンがあげられます。まず一番に挙げられるのが胸の筋肉の衰えです。胸は大胸筋という筋肉を土台としていますが、この大胸筋が衰えていくことによって、胸の位置が変わっていくことです。

 

また姿勢の悪さも症状が悪くなる原因となりがちです。姿勢が猫背になると大胸筋をはじめとした筋肉群に刺激が伝わりづらくなりますから、そうした生活習慣が積み重なることによって筋肉の衰えが加速していく場合があります。

 

生活習慣という点ではホルモンバランスも大きな要因の一つといえるでしょう。とくに妊娠や出産を経験すると徐々に体系は変わっていくのが自然なことですから、なにも対処をしていないと当然加齢によってバストは変化していきます。特に加齢によって胸の大きさが小さくなり、その結果離れ見えるようになることはよくあるパターンだといえるでしょう。

 

睡眠や運動が十分に取れていなかったり、不規則な生活環境を送っているとホルモンバランスは正常値から離れていきやすくなりますので、そうした生活を送っている人はできるだけ注意が必要です。

 

胸が離れてることの弊害

 

胸が離れてることによるもっとも大きな弊害は、やはり見た目へのダメージでしょう。バストは女性らしさをアピールできる大きな部分であり、スタイル全体のプロポーションにも影響します。あまり胸が離れすぎていると自分に自信がなくなってしまったりと、いいことは何一つありません。できる限りふつうの状態にしたいと考えるのはなにもおかしくないことでしょう。

 

胸が離れてる場合の改善方法

 

こうした悩みを解決する方法はいくつかあります。まず手っ取り早いのは外科手術です。美容整形の部類に該当するこの施術は年間でも多くの人が利用する分野です。特に胸の谷間を強調したい場合などに使われますが、胸が離れてること自体を解消したい人も利用します。

 

対策としてはバストサイズを上げる方法と、胸の内側の位置をずらす方法があります。前者の場合は豊胸手術とほとんどかわりません。バストを上げることによって谷間を大きくして離れてる位置を隠そうというものです。

 

日本人よりも海外で多い傾向がありますが、近年では国内でもこうした要望が増えているようです。後者の場合は大掛かりな手術になる場合があり、費用も高額ですが、ほどよい大きさのまま位置をずらしたい人や、そもそも離れ具合がひどい場合などに利用されます。

 

離れ具合がひどい場合は美容整形ではなく、治療目的の外科手術になるかもしれません。

 

まとめ

 

このように胸が離れてるという症状は見た目に対して非常に悩みの種となりやすく、また改善も大変なものであることがわかります。手術などは費用面でも健康面でも非常に負担が大きいので、できればトレーニングなどの運動やエクササイズを取り入れることで対処していきたいものでしょう。

 

ナイトブラの人気でおすすめ比較です